HISTORY

d houseグループ沿革

1961年

創業者の本橋一夫が、飯能の山から木を下ろし、木挽き(こびき)し、全国へ出荷をしていた本家から独立。東京は清瀬の地に、木材を建設会社に卸販売する「本橋木材」を開業
江戸時代後期の「木挽」たちの仕事姿(葛飾北斎『富嶽三十六景』の「遠江山中」/1830年頃)

1963年

個人商店から会社組織へ。有限会社本橋木材店を設立

1966年

モトハシマテリアル株式会社を設立

1986年

本橋木材株式会社を設立

1996年

「木をデザインする」をコンセプトに、デザインにこだわった新社屋が完成
より快適で豊かなライフスタイルを提案するために、モトハシマテリアル株式会社にてインテリアの取り扱いを開始

1997年

輸入家具の取り扱いに伴い、モトハシマテリアル株式会社にて貿易事業を開始

1998年

インテリアセレクトショップ「mmis aoyama」をオープン

2000年

総合的なライフスタイル提案のために、ディーハウス株式会社を設立。住宅建設事業を開始

2003年

構造材への信頼性を高めるため、埼玉県入間にモトハシプレカットシステムを開設。スケルトンインフィルを含めた構造デザインが自社で可能に

2003年

「d house showroom」をオープン。本社1階にて家具、雑貨の販売を開始

2012年

社屋の外壁を白に塗り替え、地元のお客様やホームオーナー様が集える、ライフスタイルコミュニティとしてのカフェ「d style cafe」を1階にオープン

2017年

イタリア家具ブランドを代表するKartellの正規販売店「Kartell西東京」をオープン