「今を超える家」d houseのプレタポルテ

「今を超える家」d houseのプレタポルテとは?

プレタポルテ(prêt-à-porter)とはフランス語で、そのまま着られるという意味。
d houseにとっては、「家具やインテリアなど、豊かなくらしに必要なものがそろった家に、すぐに住める」という、今の住まい作りに欠けている、大切なことを定義した言葉です。

20年以上、世界最大級の家具見本市「ミラノサローネ」と関わり続けてきた、インテリアから考える住まいづくり。

せっかく注文住宅で建てたのに、「先にd houseに出会っていればよかった」とご相談に来られる方に、いっぱい出会いました。

「豊かな暮らし」をつくるための家づくりが、いつのまにか断熱性、耐震性だけの箱作りになってしまったと。

どうすれば、失敗しない注文住宅ができるのか?

その答えが、「今を超える家」d houseのプレタポルテ。

 

「注文住宅に憧れるけれど、失敗しないか不安。」

 

そんな方々にむけて、 d houseの「他とはまったく違う住まいづくり」の魅力を伝えようと立ち上がったプロジェクト。

ファッションショーのプレタポルテのように「注文住宅を超える建売住宅」を10棟つくる。

そして、ディーハウスの住まいづくりを、注文住宅を建てるように、体験していただく。

d houseのプレタポルテを、今なら体験できます。