省エネ住宅ポイント制度 エコリフォーム編

a-1

省エネ住宅ポイント制度って?

環境によい一定の省エネ性能を有するエコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントが発行される制度です。

1ポイント=1円

制度で定められたリフォーム工事を実施した際にもらえます。リフォーム工事によってポイントが設定されていて、最大
3000,000ポイント(耐震改修した場合は別途15万ポイントを加算)の取得が可能です!!


 

省エネ住宅ポイント制度のメリットは?

 

省エネ住宅ポイント制度で取得したポイントは、省エネ・環境配慮商品や地域産品、商品券・プリペイドカードなどに交換することができます。

また、新築工事・リフォーム工事の際に追加で実施する他の箇所の工事費用分に充当することも可能です。

制度対象のリフォーム工事とは?

以下の要件を満たすリフォーム工事が対象。

(1)~(5)の工事の合算ポイントで応募が可能です。

※(1)~(3)の工事はいずれか必須。ポイント申請の際には対象工事に関する証明書などが必要です。

(1)窓の断熱改修

b-1

 


(2)外壁・屋根・天井または床の断熱改修

b-2

 


(3)設備エコ改修

b-3

 


(4)上記(1)~(3)の工事と併せて実施する項目

b-4

 

(5)既存住宅購入加算ポイント

既存住宅の購入に伴い、エコリフォームする場合に加算するポイント

平成26年12月27日以降に売買契約を締結し、売買契約締結日からエコリフォームの工事請負契約日の期間が3カ月以内の場合にポイントを発行します。

→ 上限 100,000ポイント

省エネ住宅ポイント制度はなぜ「期間限定」?

sofa1

 

~表で見る制度有効期間~

リフォーム工事 所有者などが施工者に工事を発注(工事請負契約)して実施するリフォーム

skejule-reform

 

  • check1. 平成26年12月27日(閣議決定日)以降の工事請負契約であること※1
  • check2. 工事請負契約が平成28年3月31日までの間に、エコリフォームに工事着手するもの※2
  • check3. 平成27年2月3日以降に工事完了するもので、別途定める期間内に完了報告が可能なもの

※1予算の執行状況に応じ締め切ります。 ※2契約対象となる工事全体の着手


省エネ住宅ポイントの発行申請・交換申請の期限について

ポイント発行申請の期限(2015.3現在)

平成27年3月10日~(予算の執行状況に応じ締め切りを公表)※3

原則工事完了後に申請が可能です。
ただし、工事完了前であっても、工事請負契約以降に申請書類が整い次第、ポイント発行申請が可能です。
工事完了前の申請には、工事完了後に完了報告※4の提出が必要となります。

※3 申請期限は遅くとも平成27年11月30日までに終了する予定。
※4エコリフォームの工事完了報告期限 一定規模以上【工事請負契約金額の総額が1,000万円(税込)以上】:平成28年6月30日

ただし、共同住宅などで耐震改修を実施するもので10階以下:平成29年3月31日

共同住宅などで耐震改修を実施するもので11階以上:平成30年3月31日

ポイント交換申請の期限

平成28年1月15日まで

交換申請は複数回に分けて申請することが可能です。
ただし、即時交換を利用する場合は、ポイント発行申請と同時に申請の必要があります。
工事完了前に申請され、指定された期日までに完了報告が提出されない場合は、交換後に変換請求されます。

ポイント申請の流れ

flow

 

ポイントと交換できるものって?

取得ポイントにより以下の商品と交換ができる予定です。

hukan-model1000

 

  • 省エネ・環境配慮に優れた商品
  • 地域復興に資するもの
  • 全国で使える商品券、プリペイドカード
  • 環境寄附、復興寄附また、リフォーム工事に追加で実施する他の箇所の工事の費用に充当できます。

省エネ住宅ポイント制度のご質問・ご相談はコチラから

以上、パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 ‘かしこくおトク!省エネ住宅ポイント制度’より抜粋。
For publication of this article, I’d want to show the greatest thanks to Panasonic living. Really thank!